任意保険料の相場は通販型と代理店型で全く違います

自動車の任意保険料、通販型と代理店型の違いを見たことがありますか。

まずは一括見積もりで比較した年間保険料をご覧ください。(免責ゼロ車輌保険付)

自動車 任意保険料 相場

■通販型
チューリッヒ     37,080円
アクサダイレクト    40,280円
ソニー損保       42,760円

■代理店型
富士火災        56,990円
日本興亜損保      57,540円
東京海上日動      57,770円

※30代家族…対人-無制限、対物-2千万円、搭乗者障害-1千万円、人身障害-なし

【条件】 住所/東京、年齢/33歳、次契約/14等級、30歳以上担保、走行距離10000km、車体/ホンダ・ステップワゴン、型式/RF7、使用目的/レジャー、免許証の色/ゴールド、運転する家族/配偶者(30歳)、家族限定/なし、エアバック、ABS装置/あり、車両保険/210万円(一般、免ゼロ付)


特定の条件での比較ですが、任意保険料の最安と最高との差は2万円を越しています。
加入条件によっては2倍に近い差になることも珍しくありません。


自動車 任意保険料 相場

自動車の任意保険は現在24社が販売しそれぞれの特色で競争をしています。

時間があれば別ですが、このような数多くの自動車保険商品の相場の違いは、
今のところ一括見積もり以外に確かめる方法はないと言って良いでしょう。


多くの商品から良いものを選べるようになったのが保険自由化の最大のメリットです。
一括見積もりは任意保険料の相場を知るために欠かせないサービスになりました。


※無料一括見積もりサービスは利用も簡単です。
手許に免許証、車検証、保険証券を準備し、5分~15分程度で入力完了です。
利用後の電話勧誘やセールスなどの心配もなく安心して利用できます。(口コミなどで確認できます。)


自動車 任意保険料 相場|保険は「安かろう悪かろう」が許されない

自動車 任意保険料 相場

自動車の任意保険料を一括見積もりで比べると、通販型が圧倒的に安くなります。
従来型の保険に比べてあまりにも安くなるため、心配になるかもしれません。


通販型の任意保険料が安いのには明確な理由があります。

最も大きい理由は、
代理店・支店などの中間コストを省略し「直接取引」を行っていることです。

中でも代理店手数料は保険料の20%ですから、この差は決定的です。
5万円の任意保険料が代理店手数料を省くだけで4万円になってしまいます。


保険の通販つまり「直接販売」は日本では1997年に解禁になりました。
日本では禁じられていましたが欧米などではその以前から普通に行なわれている販売形態です。

通販型も代理店型も金融庁の認可・監督を受ける全く同格の保険事業であり、
「安かろう悪かろう」が許されるはずがありません。

数年ほど前に保険金の出し渋り問題で代理店型大手各社が金融庁から是正を受けました。
代理店型であろうが通販型であろうが問題があれば金融庁が放って置かないということです。


自動車 任意保険料 相場|安い理由は分かったけど事故の時大丈夫?

「事故対応は保険会社が直接行う」のは代理店型も通販型も同じです。
代理店による事故対応のあっせんや仲介は法律違反になり行なわれることはありません。


自動車 任意保険料 相場

「事故の時は代理店型のほうが安心」という言い方には、
代理店が事故対応を行なうようなニュアンスがあり注意が必要です。

事故の時の代理店のメリットはあくまでもプロとしてのアドバイスです。


代理店型の問題点は専業のプロ代理店が非常に少ない(業界の10%)ことです。
ネットで「代理店探しが最も重要」というコメントが多いのはこういう背景があるからです。

代理店手数料を払うのになぜ顧客側で代理店探しをしなければいけないのでしょうか?
副業のアマチュア代理店の場合の割引があるわけでもありません。


代理店型の方が安心というのは、
プロのアドバイスが可能な「プロ代理店」に恵まれた時の話だと考えるべきです。


逆に通販型は、事故対応24時間365日受付、初期対応365日実施、豊富な無料ロードサービスなど顧客全員が均一のサービスを受けられるしくみになっているのがメリットです。


車 保険 相場|おすすめの一括見積もりサービス


おすすめのサービス 5段階評価            詳  細

インズウェブ

★★★★★

●最多の最大20社の見積りが可能です。
●リアルタイムの一覧表で簡単に比較。
●保険証券等を準備し、最短5分で入力完了。
■保険会社名
アクサダイレクト・エース保険・ソニー損保・チューリッヒ・三井ダイレクト・イーデザイン損保・セコム損保・セゾン自動車火災・ゼネラリ・三井住友海上・そんぽ24・SBI損保・ニッセイ同和・朝日火災・共栄火災・損保ジャパン・東京海上日動・日本興亜損保・富士火災・あいおい損保・AIU保険

保険スクエアbang!

★★★★★

●見やすい一覧表で比較・検討ができます。
●リアルタイム表示も可能。
●一括見積のパイオニアの信頼と安心がメリットです。
■保険会社名
あいおい損保・アクサダイレクト・イーデザイン損保・AIU・SBI損保・共栄火災・セコム損保・ゼネラリ・ソニー損保・そんぽ24・チューリッヒ・東京海上日動・日本興亜損保・富士火災・三井住友海上・三井ダイレクト損保

カービュー

★★★★☆

●厳選の有力9社の見積りができます。
●車関連の情報が豊富でイザという時に頼りになります。
●クルマ好きにピッタリの見積もりサイト。
■保険会社名
三井住友海上、ゼネラリ保険、アクサ損害保険、チューリッヒ保険、ソニー損害保険、三井ダイレクト、アメリカンホーム・ダイレクト、SBI損害保険、イーデザイン損保

◎自動車保険一括見積もり利用者の体験談

一括見積もりは次のような場合におすすめです。

・初めての自動車任意保険で保険選びに迷っている
・自動車の任意保険料が高くて切り替えをしたいが時間が無い
・長い間自動車の任意保険料の比較をしていない
・自動車を乗り換えた
・通勤、通学などで家族の構成が変わった
・ディーラーがすすめた任意保険がそのままになっている

◎一括見積もりのメリット

一括見積もりの最大のメリットは任意保険の見直しが簡単に出来ることです。

価格で自動車の任意保険を探すならまずは一括見積もりが必要です。

自動車の任意保険は年々内容が変わり、新商品も出ています。

また、等級、免許の色、家族構成など自分の加入条件も変わっていきます。

クルマ購入時の自動車保険を毎年更新しているだけだと、知らないうちに任意保険料の払いすぎになってしまいます。

何しろ無料なのですから、満期の前に毎年一括見積もりをしてもいいのかもしれません。

■自分に条件にあった最適な保険会社を絞り込むことができる!

■たった1回の入力で、複数の保険会社に見積り依頼が届く!

■メール又は郵送で回答が来るから楽々簡単!

■複数の会社から選べるから納得!

■見積り費用は【 無料!】

一括見積もりは自動車の任意保険料の相場確認に欠かすことができません。

このページの先頭へ